探偵まとめ

探偵まとめは、2chまとめブログです。

    スポンサーリンク

    国際

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/10/21(月) 16:55:46.79 ID:
    中国北京市で20日に行われた北京国際マラソンで、トイレが我慢できなくなった多くのランナーがずらりと並んで立ちションする姿がネット上に拡散し、物議を醸している。
    21日付で新京報が伝えた。

    北京マラソンには国内外から約3万人が参加。ところが、主催者側が準備したトイレの数が圧倒的に足りず、どこも長蛇の列となった。
    そのため、多くのランナーが我慢できなくなり、「その辺で用を足す」羽目に。

    真っ赤な壁に沿ってランナーたちがずらりと並び、集団で立ちションする姿は圧巻。中には外国人女性ランナーが座りションしている姿もみられた。

    北京マラソンでは毎年、こうした光景が見られるという。市民ランナーの周さんは「もはや伝統といってよいですね。
    なぜ今年はこれほど騒がれているのか不思議です。毎年こんな感じですよ」と話している。

    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/363087/
    http://livedoor.blogimg.jp/hjhnjhnjhgf/imgs/c/8/c850f84a.jpg
    http://livedoor.blogimg.jp/hjhnjhnjhgf/imgs/b/3/b36f4e3a.jpg
    【北京マラソントイレ足りず立ちション大会に 座りションした外国人女性はガン見される(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/10/10(木) 11:31:32.74 ID:
    メルセデスベンツの最上級サルーン、『Sクラス』。同車の先代モデルが米国で、
    崖から120mも下へ転落しながら、乗員が奇跡的に助かっていたことが分かった。

    これは10月4日、メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAが
    公式Facebookページで明らかにしたもの。
    米国のメルセデスベンツSクラスのオーナー(氏名は未公表)が体験した、
    恐怖の事故の内容を伝えている。

    メルセデスベンツUSAによると、この先代Sクラスは、2010年モデルの
    「S400ハイブリッド」(日本名:「Sクラスハイブリッド」)。
    米国カリフォルニア州の観光名所、ヨセミテ国立公園の山道を走行中、
    対向してきたSUVが車線を逸脱。これを避けようとしたSクラスは、崖から
    約120m下へ転落したという。

    これだけの事故なら、乗員の生命に危険が及んでも不思議ではない。
    ところがSクラスのドライバーは、ドアを開け、自力で脱出。軽傷で済んだとのこと。

    メルセデスベンツUSAは、公式Facebookページにおいて、事故後のSクラスの
    画像を公表。フロントグリルやバンパーは脱落し、ボディサイドには激しい傷跡。
    同社は、「このオーナーの体験談は、我々の妥協のない安全性追求の取り組みに、
    大きなモチベーションになる」とコメントしている。

    ソースは
    http://response.jp/article/2013/10/10/208247.html
    画像は
    http://livedoor.blogimg.jp/hjhnjhnjhgf/imgs/0/c/0c681c15.jpg
    http://livedoor.blogimg.jp/hjhnjhnjhgf/imgs/a/2/a249bcff.jpg
    http://livedoor.blogimg.jp/hjhnjhnjhgf/imgs/9/3/93407c22.jpg
    ■Mercedes-Benz USA | Facebook
     https://www.facebook.com/mercedesbenzusa
     Owner Stories: Staying Safe in the S-Class
     https://www.facebook.com/media/set/?set=a.721933687834663.1073741930.112336898794348&type=1
     崖(?)の画像
     http://livedoor.blogimg.jp/hjhnjhnjhgf/imgs/6/4/649738d8.jpg
    【【米国】メルセデスベンツ Sクラス、崖から120m 転落…乗員は無事】の続きを読む

    このページのトップヘ